05 «  2017 / 06  » 07  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

石川オーナーのひとりごと(11):シルクHC馬体診断 

 2005/11/28 Mon  E d i t
 11月7日以来、20日ぶりの更新。間隔が空いてしまって申し訳ないです。って言っても、このコラムを毎回見て下さっている方がいるのかどうかはわかりませんが・・・。
 先々週、先週はホントがっかりな結果でした。先々週はオンファイア、レッドスプレンダー、ウインレジェンドの3頭が出走。確実にポイントを稼げると思いきや、3着、3着、2着・・・。しかも、東スポ杯は山本リシャールに、京都500万下は麦島ロジックに勝たれて、直接対決に敗れてしまいました。う~ん、自分のPO馬が負けて、ライバル馬が勝つ、最悪なパターンでした。

 レース直後はかなりへこんでたんですが、今は立ち直りつつあります。よく考えてみれば、オンファイアはレコード決着の中で上がり3Fはメンバー最速の33秒7ですし、ウインレジェンドも直線前が詰まってしまって2着ですから力負けではないと確信しています。それに、レッドスプレンダーも昇級緒戦で3着なら頑張ったと言えるんじゃないでしょうか。3頭とも、先々につながるレースだったと思います。

 先週はタキオンバッハが復帰。結果はまさに最悪の最下位17着。なにがあったのかまったくわからず・・・。故障したのかと心配になるくらいの大敗でした。これで、レッドスプレンダーの新馬以来、約1ヵ月ほど勝ち星がありません。

 え~、話は替わりまして、今回は石川得意の馬体診断(血統面、その他などもちょっとだけ考慮します)をしてみたいと思います。

 第1回馬体診断はシルクHC編です。シルクHCの1才馬から何頭か選抜してみます。

父チーフベアハート、母アクチンアグリー。牝、伊藤伸 【詳細】 アクチンアグリー04
評価 馬体迫力A、バランスA=総合点90点
コメント 素晴らしいです。1才馬離れした迫力のある馬体ですね。全体的なバランスも良いですから、今後の成長次第じゃ早いうちから大きいとこ狙えるかもしれないと思いました。血統的には近親にシルキーラグーンなどがいるシルクお馴染みの血統ですね。期待できそうです。
父マンハッタンカフェ、母アジアンリゾート。牝、勢司 【詳細】 アジアンリゾート04
評価 成長期待度A、バランスB=総合点70点
コメント なかなかバランスの良い馬体。まだまだ幼さの残る馬体にも見えますが、腰の位置が高いことに好感が持てます。腰の位置が高いことはまだ大きな成長が期待できるということを何かの本で読んだ覚えがあります。今後の成長が期待できる1頭です。母系をさかのぼれば、ゴールドディガー(ミスタープロスペクターの母)がいる良血馬でもあります。
父アドマイヤベガ、母グラスシオン。牡、中野渡 【詳細】 グラスシオン04
評価 お肌すべすべ感A、バランスB=総合点65点
コメント 馬体の全体的なバランスもそこそこ良いですが、この馬の場合、特に肌の感じが素晴らしいです。皮膚の薄い馬は走ると言われますからね。流星もかっこいいですね。アドマイヤベガの仔はこういう感じの馬が多いような気がします。


 シルクHCの募集馬の中では母アクチンアグリーが抜群に良かったです。来期の 指名も考えてしまうような魅力的な馬体でした。


コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/91-4c6e97d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。