10 «  2017 / 11  » 12  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

07-08シーズン総括:麦島オーナー編 

 2008/06/06 Fri  E d i t
 5シーズンぶりの優勝を達成できました
 おかげさまで、5シーズンぶり、通算2度目の優勝を果たすことが出来ました
 今シーズンを少し振り返ってみたいと思います

 とりあえず、本当に優勝することが出来て良かったです
 前回の優勝は02-03シーズン。その時に指名したリンカーンは種牡馬入りし、初年度産駒が今年誕生しました。チューニーに至っては初仔が今年デビューを迎えます
 いやぁ、長かった!! 本当に待ちわびた優勝だったので素直に嬉しいです


 今シーズンは、結果的には2位の藤本オーナーに1万2100P差を付ける事が出来ましたが、そこまで楽なシーズンではありませんでした

 総合の37000Pというのは近シーズンでは低いほうですし、自分としても昨シーズンは41000Pを残しています。
 しかし、逆の言う方をすれば、それだけ難解なシーズンだったと言えるワケで、他のオーナーが苦戦している中で結果を残すことが出来たのは自信にもなります

 今シーズン1番活躍してくれたのはキャプテントゥーレで、1頭で1万7500Pを稼いでくれました
 指名馬唯一の重賞勝ち馬(皐月賞、デイリー杯2歳S)でもありました

 優勝した要因として、キャプテントゥーレの活躍はもちろんあるのですが、自分としてはそれ以外の馬が本当によく頑張ってくれたからだと思います

 今シーズン以上のポイントを稼いだ昨シーズンは重賞勝ちを達成したヴィクトリーとアドマイヤオーラを除いた馬の合計ポイントは1万4000Pだったのに対して、今シーズンはキャプテン以外の馬で1万9000Pを稼いでくれました

 全体の層の厚さが優勝に導いてくれたものだと思います

 GⅠ出走機会は合計4回のみ(キャプテントゥーレ=朝日杯FS・皐月賞、ノットアローン=皐月賞、クリスタルウイング=日本ダービー)ですし、これは近シーズンの優勝者の中でも少ないと思います。
 期待を持ち、順調にクラシック路線を歩んできた馬の戦線離脱があったことは残念でした。キングスエンブレムやアインラクスなど、無事なら大舞台での活躍を楽しみにしていただけに、戦力的以上に気持ちの部分でもショックがありました

 しかし、そこで新星が現れたのは本当に喜ばしいコトでした。キングスエンブレムが若葉Sで敗れましたが、そのレースでは伏兵のノットアローンが勝利してくれました。アインラクスの戦線離脱にショックを受けた直後にはクリスタルウイングが青葉賞で権利を獲ってくれるなど、本当に挽回するような活躍を見せてくれました

 その他の馬でも、キッチリと1勝を挙げてくれた馬も多いですし、頑張って確実に2勝を挙げてくれた馬もいます。今シーズンは本当に「総力戦」で勝てた結果だと思います。


 優勝できたコトは本当に嬉しいですが、前回優勝時の翌シーズンには最下位になってしまいました。3→2→1と近3シーズンで上昇カーブを描き優勝できたワケですが、ココで驕る訳には行きません

 続けることの難しさは知っていますし、今シーズンに更なるプラスアルファを持たないと先は苦しむと思います。

 来シーズンの目標は連覇。そして、今シーズンでも達成できなかった日本ダービー制覇です。
 どうしても優勝したかった今シーズン以上のモチベーションを持って、来年の今頃も最高の気分に浸れるように頑張ります


 それでは、今シーズン本当に頑張ってくれた指名馬たちを紹介したいと思います


<1位:ダイワカンパニー (700P)>
 ファリダットを逃して、ウェーバー2順目での1位指名。デビュー戦は3馬身差の圧勝で、東京競馬場で生観戦したのは今でもイイ思い出です。あの直線での手応えは今でも印象に残ってます。しかし、その後は故障もあって未出走。当初から脚元への心配はしていたものの、残念なリタイアになってしまいました。楽勝した新馬戦はポテンシャルを感じさせる内容でしたし、「無事なら…」と思うと悔しいですが、ターフに戻ってくる日を心待ちにします。


<2位:スパークキャンドル (500P)>
 ドラフト時から「海外遠征」を見据えると言われていた馬。まさか、カジノドライヴという素質馬を帯同馬にして、米国遠征を果たすとは(笑)。まぁ、海外に行ったのはイイですが、見事にカジノドライヴと立場が逆になってしまいました。札幌2歳Sを獲ってから海外の目論見だったんだけどなぁー。まぁ、こんなコトが言えるぐらい、この馬には楽しませて貰いました。カジノの歴史的偉業のパートナーですから。勝った未勝利戦を生観戦したのも思い出です。6月6日の芝マイルの「ヒルプリンスS」で重賞勝っちゃいましょう!!


<3位:キングスエンブレム (2700P)>
 クラシックを前に戦線離脱してしまいました。今にして思うと、やはり新馬戦の印象が深い。本当に自分の指名馬で「主役」としてクラシック路線へ挑むと思いました。その後は期待に応えられず、あと1歩の歯痒いレースが続いていましたが、それを払拭するような、すみれSの鮮やかな勝利は本当に嬉しかったです。賞金的に皐月賞への出走が微妙で、緊急参戦した若葉Sで無理がたたって故障。結果的には余計な1戦となってしまいましたが、陣営を非難するつもりは全くありません。むしろ、ドラフト時に「ダート馬」と決め付けていた自分が恥ずかしいです…。いやぁ、ごめんなさい。。。秋には復帰できそうなので、あの漆黒の馬体を再び見たいです。


<上位優先:アドマイヤテンカ (0P)>
 突然の訃報…本当に残念です。兄妹の活躍に期待しています。


<上位優先:キャプテントゥーレ (17500P)>
 2年連続の皐月賞制覇! いやぁ、本当にジーンと来る、最高のGⅠ制覇でした。川田騎手の好騎乗、直線で一気に後続に差を広げた時の興奮は忘れられません。皐月賞馬として、ダービーの舞台に立つ事が出来なかったのは本当に残念ですが、この馬とは思い出が多すぎます。森厩舎のプロフェッショナルな仕上げにも本当に感激を受けました。歴代指名馬の中で、最も素晴らしい時計を叩き出す『調教大将』でもあって、毎週の追い切り時計を楽しみにしていました。デビュー戦で大敗した時は驚きましたが、デイリー杯制覇や朝日杯3着など、この馬の2歳戦での活躍で、自分の今シーズンも波に乗って行けたと思います。今頃、ゆっくり休んでいるのかな? 復帰は来年のAJCC辺りを予定。復帰の舞台を盛大に迎えてあげたいと思います。「ありがとう」と言いたいです。本当に、感謝感謝です。


<6位:アインラクス (2500P)>
 結局、GⅠレースで姿を見ることは出来ませんでした。ただ、この馬は本当に能力があったと思います。若駒Sや未勝利戦、敗れた新馬戦も末脚は素晴らしいものがありました。弥生賞もメンバー最速の上がりを記録していますし。弥生賞で敗れた後、皐月賞はパスしてダービートライアル1本に向かうとのニュースを聞いた時は「おっしゃ!」と思ったのですが、残念なアクシデントで戦線離脱してしまいました。ただ、やはりダンス産駒が1番生きるのは京都コース。どうやら秋には復帰出来そうですし、まだまだ成長途上の印象も受けたので、夏を越してからの成長が楽しみです。神戸新聞杯から菊花賞へ、早くも秋が楽しみですね。


<7位:カイゼリン (1500P)>
 自分が当初、想像していたような印象とは違うタイプだったようですが、期間内で2勝を稼いでくれました。1歳時からトールポピーと並んでキャロの牝馬では世代最上位の評価を受けていたのですが、能力はあったと思います。新馬戦や年末の未勝利戦を見る限り「厳しい」との印象を持ってしまいましたが、復帰後の活躍は素晴らしかったです。フローラSでも世間の話題の中心はユキチャンでしたが、自分は本気でオークスの権利を獲れると思っていましたし。残念ながらレース後に骨折が判明。やはり血統的にも本格化するのはまだ先だと思いますし、まずは傷を治して元気な姿で戻って来て欲しいですね。


<8位:シャンパンファイト (500P)>
 昨年の自分の“直感”的な指名馬。本来ならダービーの舞台に立っているハズだったんですが、なかなか理想通りに行かないですし、POGは難しいと感じました(笑)。この馬の場合は、武豊騎手が言っていたようにダート路線に転向すれば、それなりに活躍してくれるとは思うのですが…。クリスエス産駒も世間では使われつつ上昇していますし、この馬の場合は母よりも父が出ていると思うので、今後の成長次第でしょうか。ただ、角居師の使い方はちと不可解な点も。やはり、リーディング厩舎の難しい点も見えましたね。


<9位:フィッツロイ (500P)>
 鈴木オーナーが手放した血統。これだけの良血&評判馬を放って置く訳には行かず、かなりの期待度込みで指名しました。年末にデビューし、実際には未勝利勝ちの1勝のみでしたが、指名時のターゲットに置いた京都新聞杯出走は果たしました。まぁ、勝ってダービーとは行きませんでしたが…。この馬の場合、まだまだ力が足りない印象。レースを使う毎に1戦ずつ内容が良くなり、力を付けていたのは感じました。もともと成長力のある血統。期間内での活躍は出来ませんでしたが、堅実に成長が見込めるハズなので、今後に期待したいです。将来はサンバレンティンやインティライミやフォルクローレのような上のクラスで活躍するような馬になって欲しいです。


<10位:マイネアルデュール (1500P)>
 即戦力として指名。松岡騎手のコメントや評判からデビュー前は注目の1頭となっていました。デビュー戦は福島の開幕週。この馬の為に松岡騎手が海外武者修行を1週遅らせたと言われていましたが、まさかの惨敗…。初勝利を挙げるまで苦しい競馬が続きましたが、最終的には2勝を挙げてくれました。個人的には2歳戦要員としての指名でしたが、コツコツと走り続け、期間内で計12戦。本当に頑張ってくれたと思います。2歳戦のみで終わるより、最後まで楽しませてくれたので結果的には満足しています。素質も感じますし、今後も短距離路線で活躍が期待できると思います。


<11位:ノットアローン (3500P)>
 実はドラフト時は半信半疑だったんですよ…。セレクトセールの価格も高かったのですが、あまり情報も無かったですし。しかし、終わってみれば若葉Sを勝って、皐月賞にも出走してくれました。何より、この馬を誉めたいのは「本当にタキオン産駒か?」と思うほどのタフネスぶり。使いつつ、立派な馬になってくれました。デビュー当初は問題児だったのですが、レースを重ねて、中距離でもピタリと折り合うようになるとは!! 個人的には夏の小倉デビューから期間内を通じて、ほぼ毎月のように出走してくれましたし、『功労賞』を贈りたい存在です。本当にこの血統が好きになりましたし、橋口師にも更に好感が持てましたし、いやぁイイ馬です。「お疲れ様」と思っていたら、ラジオNIKKEI賞に使うとか!! どんだけタフやねんっ!


<12位:ラヴォランテ (0P)>
 ワーキングガールの最高傑作のハズだったんですがねぇ…。気性や体質もありましたが、どうも最高傑作ではなかったようです(笑)。クラフトミラージュ以来のこの血統の指名。ココら辺の馬が走ればカッコ良かったのですが、結果が出せませんでした。今は去勢放牧中。とりあえず、1勝目指して頑張ってください。たぶん、ダートは絶対に向かないと思います。。。


<13位(下位優先):マンボパートナー (0P)>
 1億5000万円馬に相応しくない成績になってしまいました。いやぁ、難しいですね…。でも、未勝利で終わるだけの能力では無いと思います。デビュー2戦目の未勝利戦2着を見ていたのですが、普通では発走除外間違いなしぐらいの放馬をしながら、レースでは2着。あれは驚きました。スピードこそないのは認めますが、恐らく無尽蔵のスタミナの持ち主です。ただ、気性もヒドい。どうしましょうか…早く勝たせてあげたい所なんですが。あっ、いちおー今シーズンの「エース」だったのですが、予想通りに空振り三振でした(笑)


<14位(下位優先):フォーマルモード (0P)>
 指名時の不安が当たった格好。確かに期待していましたし、セレクトセールの超高値という評価ではあったものの、ドラフト時には育成段階の声はなかなか伝わって来なかったんですよね。結果的にはスピードが足りず、価格に見合う走りとは行きませんでした。個人的にはあと1歩で未勝利を突破出来そうなタイミングで骨折を発症したのが残念で仕方ありません。兄のハイソサエティーと対照的で、ある意味で驚くような調教時計だったり、想像とは程遠かったのですが、何とか勝たせようとする陣営の姿などには好感が持てました。馬主の臼田氏&橋口厩舎のもう1頭、フローテーションは走りましたねぇ…。


<15位(下位優先):ゴルディオス (0P)>
 まさかの未勝利。期間内に順調さを欠いた部分があったものの、期待通りの活躍は出来ませんでした。ドラフト時には、同じ社台RHで、同じ募集価格、同じ父、同じ毛色と、キャプテントゥーレと共に評判が高かったアグネスタキオン産駒でしたが、結果は対極のものとなってしまいました。初仔から指名を続けているレッチリっ仔ですが、どうも育成段階の評判とレースに行っての走りが比例していないように感じます。個人的には、もう少し短い距離やダートを試して欲しい所。こんな馬じゃないと思ってますし、まずは1勝を目指して頑張って欲しいです。


<16位(下位優先):クリスタルウイング (3900P)>
 良く頑張ってくれました! 素晴らしいです!! ドラフト時には期間内未出走すら覚悟していたものの、終わってみれば藤沢厩舎のこの世代で1番成績を残しましたし(カジノドライヴ除く)。「青葉賞に出られれば」と思っていましたが、2着で権利を獲り、本番のダービーにも出走してくれました。アグネスフライトの時から、ダービーは全参戦しているのですが、やはりあの大舞台に自分の指名馬が居てくれるだけで、本当に嬉しいものです。どう考えても、この馬はまだ若いと思います。年明けデビュー以来、キャリア5戦目でダービーまで突っ走ってくれましたし、夏はゆっくり休んで、成長して欲しいです。またGⅠの舞台に必ず姿を見せてくれるでしょうし、「栄光の名馬たち」のコーナーで待ってます。この血統は、まともならポテンシャル高いなぁ~!!


<17位(下位優先):ドリームローズ (700P)>
 判断が難しい馬ですねぇ。ただ、楽しませてくれたのは確かです。デビュー戦の勝ち方はPOGを今までやっていた中でも、かなりインパクトのあるものでしたし、ファンタジーSには鞍上・武豊で上位人気に支持されました。新馬戦後の期待値を考えると、期間内1勝と言うのは正直残念ですが、難しい馬だと感じました。レースぶりを見ても、バクシンオー産駒の中では異質なタイプと言えるでしょう。どうも使い込むと良くない感じを受けますしね…。母ビスクドールの仔はコンスタントに走りますし、あとワンプッシュがあれば重賞級の活躍も期待できそう。


<18位(下位優先):フィーユ (500P)>
 デビュー戦大敗…頭の中に浮かんだのは姉たちの存在でしたが、続く2戦目で驚くような変わり身を見せてくれました。結局、期間内は2戦1勝で終了。今までの浜田厩舎から森厩舎に代わりましたが、2戦じゃ変化を感じるコトもなかったかな。ただ、ルアシェイアとフィーユを見ていて、母の仔に少しずつイイ流れが来ているのは感じます。妹のアディアフォーンや、その先に続くような1勝だったのは間違いないと思います。この馬は約1ヵ月間ぐらいしかPOGでの付き合いはなかったので、もっと姿を見てみたいですね。復帰後は体重が増えていると嬉しいな。


<19位(下位優先):スカーレット (0P)>
 「行方不明」という言葉が最も似合ってしまいましたね…。果たして、今はドコにいるのでしょうか? 何をしているんだろう?? グレアドの仔は初仔から指名していますが、体質が弱い馬は本当に弱いので、この馬もそうだったのでしょうか。まぁ、大当たりもハズレもある血統だというのは理解してますし、この馬に関しては仕方ないですね。せめて未出走引退にはならないで欲しいなぁ。


<20位:マイネベクルックス (500P)>
 ドラフト時は、ラベと最後まで悩んだんですよねぇ。結果的にはラベの方がポイントこそ稼ぎましたが、自分はこの馬を指名できて良かったと思います。とにかく体質が弱くて、輸送しても体が減るし、気性にも問題アリ。なかなか難しい馬でした。でも、使い込むコトは出来なくても、何とか辛抱強くレースを使い、期間内に勝利を挙げてくれました。線も細いですし、カイバも食べない…。問題点はたくさんありますが、1勝出来たコトは本当に大きい。ゆっくり休養して、体質を強くして戻って来て欲しいです。


<特別枠:ヤマニングリオット (0P)>
 2度入厩したものの、結局は期間終了を待たずにJRA登録抹消。。。姿を見ることが出来なかったのは残念ですが、初の「指名馬の産駒を指名」というコトで、西多摩愛馬会の歴史に名を残せました。セラフィム産駒もヤマニンリュバンが2勝を挙げて頑張ってくれてますしね♪♪

コメント

この記事へのコメント
ありがとうございますi-1

何しろ「5シーズンぶり」ですから。
本当に嬉しいです。

昨年、藤本オーナーに900P差で敗れた悔しさは自分しか分からないですし、それは本当に悔しい思いでしたからね。

「豪華だ」とか「空気読め」と言われても、活躍馬の殆どがmy血統ですので、それは今までの成果が出たのかと思います。

まぁ、気合いで連覇を狙って行きます。
2008/06/10 Tue 20:55:34
URL | 麦島オーナー☆・・・・・・・・ #22hNL7Yc[ 編集 ]
優勝おめでとうございますv-315

今季の麦島オーナーは前評判どおりの強さでしたね。
ライバル評価で『優勝候補筆頭』と評価したのが間違いでなかったか…。
これでアドマイヤテンカも無事だったらと考えるとホントに恐ろしいです。

やっぱり今考えても『もうちょっと空気読んで』と言いたい(笑)

お気に触ることも言ってるかもしれませんが…、まぁ負け犬の遠吠えと思ってください。
そんだけ今季の麦島オーナーは強かったってことです。
3月以降はまったく勝てる気がしませんでしたから。
2008/06/07 Sat 23:15:33
URL | 石川・アドマイヤコブら~★ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/655-9527ae6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。