08 «  2017 / 09  » 10  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

07-08シーズン総括:石川オーナー編 

 2008/05/27 Tue  E d i t
ダービー終わってないのに早いと思いますが、うちにはダービー出走馬がいないのでやっちゃいます。
『完敗。』



今季は初のビリ。そして、ついに重賞も勝てず・・・。
連続出走記録の続いていたダービー出走も叶わず。
まさに『完敗』です。


さて、自分にとって今季の主役は、ファリダット。
もっと早い時期からマイル路線を使っていれば、重賞の1つくらいは間違いなく取れたと思う。
デビュー戦であまりに強い勝ち方をしてしまったことが、陣営に、そして私自身にもクラシックを期待させてしまった。
期待値ほどのポイントは稼げなかったものの、1位で指名したことは後悔していません。
今シーズンを楽しませてくれたことに、感謝しています。

自分の指名に関して後悔しているのは、1つだけ。それは20位指名。
ピイラニハイウェイとサクセスブロッケンとで迷ってピイラニを選んだこと。
ドラフト当時、ほとんど情報の無かったブロッケンを指名するのは難しいことだったとは思うが、兄も指名しているのだし、My血統を信じて指名しておけばよかったと、今更ながら後悔している。
ブロッケンを指名していれば、今年もダービーを楽しむことができたんですよね。


そして、今季の何よりの敗因は『ケガ』だと思います。

無事なら間違いなく牝馬クラシックを賑わしていただろうレーヴダムール、ヴェルザンディの離脱は特に痛かった。
さらにポンテディリアルト、ミッキーミラクル、デイズオブサンダー、トーセンファンタス、ダノンマーチャンなどの期待の大きい馬たちの未デビューはとても悔しい。
自分は未デビューってのは一番嫌いで、デビューして惨敗のほうがまだ諦めがつきます。

実はうちのタキオン産駒とクリスエス産駒、ほとんどまともに稼動してません・・・。


過去の例(山本オーナー3年連続4位、麦島オーナー2年連続5位)を見ても一度スランプに陥ってしまうと抜け出すのに苦労しそう。
なので、来季は意識的に新しい試みを取り入れたいと考えています。

自分の今まで貫いてきた、築いてきたスタイルは崩さないままに、少しだけ新しい自分を模索していきます。
具体的には、前回のコラムで書いたような、ちょっと今までとは考え方を変えたような指名をするつもりです。


とにかく2年連続最下位だけは阻止しなければ・・・。

コメント

この記事へのコメント
たしかに、ドラフト上位級のクラシック狙いの馬(麦島オーナーが言うところのガッツリ系?)が少なかったのは事実かもしれません。
それはドラフトのときに自分も『やばいな』と、薄々感じていました。
ファリダットを強行指名したこともあるでしょうし、取りたい有力タキオン牡馬がほとんどいなかったことが原因と思います。
即戦力に関しては、近年、選ぶのが難しくなってきたように感じています。ドラフト前に猛時計を出している2歳馬が少なくなったような気がするし、有力良血馬の始動が早くなってきているので、即戦力の価値が低くなってきているんじゃないかと。

以上。アドバイスありがとうございました!!
2008/06/04 Wed 08:22:43
URL | 石川・マッハロッド★★★★★ #-[ 編集 ]
「らしくない」理由ですが、、、

まぁ指名時に感じたものと今では結果論になってしまう部分もあるのですが、

まず、クラシックを狙う馬が少なかった点。
アインラクスを指名されたり、馬が少なかったのも理由として少なくないのかもしれませんが、

ガッツリ系の馬が少なかったのが最大そう感じた理由です。
以前はクラシック級の馬を獲られたとしても、リカバリーとしてキングオブブルースを指名していましたし、

06-07の指名馬と比較してもキングオブブルース、ヴェルトマイスター、アンプルール、ミッキーダンディ、ゴーストライターなど

明らかに「ガッツリ系」と思われる馬が減ったのがそれを感じる要因かもしれません。


また、西多摩愛馬会で1番、金子馬を選ぶような印象があったのですが、それも少なくなったかな。


あと、即戦力が少なくなったでしょうか。
ダンジグマスターやダンツエスエスティがコケたり、アドマイヤサクラが情報より遅れたりしたかもしれませんが、もっと前半でリード奪う展開が石川オーナーらしいかな、と。



ちょっと、結果論が入っているので、ウマく説明できなくてスイマセン。。。
まぁ、何にせよ「不調」や「故障」で計算が狂ったのは確かでしょうね。
2008/06/03 Tue 15:45:35
URL | 麦島オーナー☆・・・ #22hNL7Yc[ 編集 ]
あと、今季の指名のどのあたりが『石川らしくない』のか教えていただけたら、幸いです。
自分で指名馬を眺めてみても、結構自分らしい指名が多いと思いまして。どのへんが『らしくない』のかわからなくて…。

My血統、馬体、即戦力、山内(指名当時)、ディープ血統・・・。
どこを見ても違和感無いんですよ(笑)
2008/05/29 Thu 07:07:47
URL | 石川・アドマイヤキッド★★★★ #-[ 編集 ]
お疲れ様でした。

今季の敗戦は明らかに『ケガ』だっただけに、実はあまり悪かった点がみつかりません…。

『らしくない』感じは西多摩全体に言える事だと思います。
戦力強化に走って、面白い指名、感心できる指名が少なくなってますよね。
良血や評判馬を集めることは素人でもできることですから、来季はもう一度『自分』を見つめなおして、挑みたいですね。

私は相変わらずのイシノサンデー好きということで、来季も指名させていただきます。
そういった地味でも、こだわりの深い指名も必要だと思うんですよ。
21枠あるんだから、1、2頭くらいは良いんじゃないでしょうか?

来季は気楽に挑みますよ。
前回のコラムに書いたように面白い企画もたくさん考えてます。
企画にこだわりすぎてちょっと変な指名になりそうで怖いですが…(笑)
2008/05/29 Thu 07:00:52
URL | 石川・アドマイヤキッド★★★★ #-[ 編集 ]
まだ終わっていませんが、“1年間お疲れ様でした”。
早いシーズン回顧の発表になりますね。


自分から見ても、今シーズンの石川オーナーは故障に泣いたと思います。
やはり、故障馬が増えた場合、戦力ダウンは大きいですね。
未出走が増えれば、それだけリスクが大きいですから。

シーズン前のライバル評価でも書いたんですが、やはりドラフト時に今シーズンの石川オーナーの指名馬は、どこか『らしくない』と感じたんですよ。

自分とカブった馬が複数いましたが、「こんな馬で競合するのかー」と感じたのもあります。

確かに、下位に低迷すると抜け出すのは本当に難しいです。
自分が3シーズン(ロジックがいなければ05-06シーズンも最悪の内容)も苦しんだのは、挽回しようとして今までのやり方を大きく変え出した為。

今シーズン、石川オーナーは大きく苦しみましたし、這い上がる為に変えることも絶対に必要だと思いますが、今までの積み重ねで、良かった点まで一新する必要はないと思います。

『良かった点』と『悪かった点』と『今までの経験』を取り入れて、パワーアップして戻って来てください。

やはり、西多摩愛馬会のHP上でコラムを書くのは2人だけ(山本オーナーも書いてください・・・w)なので、石川オーナーが上位に居て、前向きな内容でないと張り合いが無いってのも感じます。

来シーズンは、絶対的に強かった頃に戻って来てください。
それを打ち負かすのが、こっちの喜びでもありますし。

まぁ、カタくなったり、あんまり構えないことですね。
巻き返そうとして、あんまりガチガチでドラフトに挑むとイイ事ないっす。経験者が語ります(笑)


まぁ、ボチボチ行きましょう。

それでは、優先会議で!!
2008/05/28 Wed 09:00:09
URL | 麦島オーナー☆らんふぉるせ #22hNL7Yc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/650-7c395b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。