07 «  2017 / 08  » 09  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

POGワンダラー(94):トゥーレで掴んだ皐月賞! ~感激~ 

 2008/04/21 Mon  E d i t
 感謝感激!歓天喜地!欣喜雀躍! キャプテントゥーレが皐月賞を勝利!
 ありがとう。ありがとう。本当にありがとう。

 「キャプテントゥーレ 皐月賞制覇」

 人間の『力』で掴んだ、本当に嬉しいGI制覇でした。



 スターキングマン、スズカマンボ、ロジック、ヴィクトリー・・・
 今までいくつかのGⅠを勝利してきた自分のPOG指名馬たち。

 2008年4月20日、新たに1頭が加わった。
 日本競馬の、クラシック、GⅠの歴史に名を連ねた・・・
 「キャプテントゥーレ 皐月賞制覇」



 こんなにレースに向かうまでの過程で印象に残るGⅠ制覇はないかも知れない。
 こんなに『嬉しい』と感じるGⅠ制覇はないかも知れない。
 こんなに感動できるGⅠ制覇も今までなかった・・・
 今日は本当に嬉しいです。



 まずはキャプテントゥーレへ。
 本当におめでとう。本当にありがとう。本当によく頑張ったね。

 川田将雅騎手&森調教師&関係者の皆様へ。
 本当におめでとうございます。「プロフェッショナル」を心から感じました。


 今回の皐月賞を制したのは、本当に『力』で掴んだ物だと思います。


 キャプテントゥーレ。父アグネスタキオン、母エアトゥーレの牡馬。

 育成段階から「大物」との評判を集め、デビュー前の追い切りでは好時計連発。
 本当に期待したデビュー戦では圧倒的1番人気に推されるも8着。

 未勝利戦。『やっと』の逃げ切り勝ち。
 野路菊S。1番人気に推されるも伸びず3着。武豊騎手も辛口評価。

 ・・・ここから、この馬の皐月賞勝ちへの道が開きました。

 デイリー杯2歳S。川田騎手との出会い。驚きの勝利。
 朝日杯2歳S。出遅れも3着に“善戦”。
 弥生賞。今年初戦、4着も不安を感じる内容。


 思い起こせば、自分はキャプテントゥーレに対して、今まで随分厳しい評価をしてきた。
 求めるモノが大き過ぎたから? デビュー戦の負けっぷりが脳裏に焼き付いているから?
 それは分からないけど、今回の皐月賞に関しては大きな『自信』を持っていた。


 レースに向かうまでの過程。これは絶対に忘れないでしょう。
 森調教師と言えば、悪く言えば『賞金稼ぎ』がウマく、馬の回転が早く、1頭の馬に時間を掛けるイメージが少ない。しかし、本当にこの馬に対しては、熱いモノを感じました。

 今だから言えるけど、2歳シーズン終了時、キャプテントゥーレがクラシックで活躍する姿を想像出来ませんでした。それは、弥生賞後も同じでした。
 しかし、陣営の本気度はストレートに伝わってきました。

 自分は、ただの「ペーパーオーナー」です。
 だから、多くの賞金(ポイント)が欲しいし、この馬に対しても同様。
 朝日杯後は「きさらぎ賞使え」だ「アーリントン使え」だ、そう思っていました。
 普段の森厩舎なら、間違いなく弥生賞前に1走していたと思いますが、今となってはそれだけ本気でクラシックを狙っていたのでしょう。

 弥生賞のレース後はイマイチな印象を受けていました。
 2000メートルという距離も、相手関係も、直線の坂も。。。

 しかし、今回の皐月賞の前にはそんな不安も消えていた。
 <1週前>・・・坂路での抜群の調教タイム。
 <追い切り>・・・「素晴らしい」と唸るほどの内容。
 <枠順>・・・自分が思い描いていた枠に見事に入りました。

 レース前、本当にポジティブにならざるを得ないほど、条件が揃っていた。
 ショウナンアルバが大外枠に行ったのも、この馬にとってプラスになると思っていた。

 勝利を確信したのはレース1時間前。
 馬体重発表。【マイナス18キロ】・・・「これは貰った!」と思った。

 「究極の仕上げ」とは陣営が戦前にコメントしていたもの。
 それが数字として表れた。まさしく“究極”。本当に、最高の状態に仕上がったキャプテントゥーレだった。



 レースに関しては、もう自分が何も言う事はない。
 川田将雅、22歳。本当に本当に本当に、素晴らしい騎乗でした。
 大舞台で最高の逃走劇。自分は忘れることがないでしょう。

 テレビの前ではあったけど、ラスト100メートル。
 勝利を確信してのガッツポーズは気持ち良かった!!


 “プロフェッショナル”だからこそ出来る『究極』の仕上げと『究極』の騎乗。
 本当に、陣営の『力』で掴んだGⅠ制覇だと思っています。
 デビュー前から、POG指名馬として、この馬を見て来ていただけに、本当に感激した。

 キャプテントゥーレ自身も『究極』に応える様に本当によく頑張った。
 大舞台に向かって描いた上昇カーブも『究極』と言えるでしょう。


 皐月賞馬となったからには狙うは2冠。そして、ダービー。
 「NHKマイルC」なんてモノはいらない。
 距離? コース? 関係ないでしょう。
 今回は全ての運が味方したかもしれない。けれど、勝ったのはキャプテントゥーレ1頭。
 堂々と「皐月賞馬」として府中の舞台に挑んで欲しいです。
 本当におめでとう! キャプテントゥーレ。
 そして、本当に本当にありがとう。




 同じく皐月賞に出走したノットアローンは7着。
 発馬でスムーズさを欠いたのが原因だったかもしれないけど、よく頑張ってくれました。
 この馬は本当に大好きで魅力的な血統。
 このような指名馬がGⅠに出走してくれるのは最高に嬉しいです。
 今後の予定は分かりませんが、まずは疲れを取って欲しいです。



 未勝利戦に出走したフィッツロイは見事に勝利。
 やっと勝ちあがってくれました(笑)
 ただ、レース自体は本当に強い内容。本当に京都新聞杯に向かって欲しいと思いました。

 まぁ、このレースには裏があって、山本オーナー(フサイチフェイマス)と藤本オーナー(カラメルマキアート)の指名馬との激突だったのですが、見事に自分の指名馬のフィッツロイが勝利。
 これで皐月賞に向けて、本当に弾みが付いたと思います。



 今週は「アインラクスの春全休」というニュースに本当にショックを受けましたが、それを打ち消してくれるような素晴らしい結果となりました。
 『優勝』という文字が見えて来たのは事実ですが、今シーズンは最初から全く気を緩めずに指名馬たちは頑張ってくれた。そして、結果が出たと思います。
 うん。どうせなら、最後まで突っ走ってやろう!!
 皐月賞制覇に甘えるコトなく、本当に最後まで指名馬たちには頑張ってもらいたいです。




<ハミダシトーク>
 んなコト言っても、今夜ぐらいまでは本当に浮かれてもイイかなぁ(笑)
 2年連続の皐月賞制覇。本当に気持ちがイイです! 最高です☆
 とりあえず、もうちょっと祝杯でも挙げて、睡眠につきましょう!!!
 ありがとうございました。おやすみなさーい♪♪

 それにしても、読み返してみたら、きっとヒドい文章なんだろうな…。まぁ、今日ぐらいは許してください(笑)

タグ : キャプテントゥーレ

コメント

この記事へのコメント
>石川オーナー

ありがとうございます。
返事が遅れてすいませんでした。

そして、こんなタイミングでご存知のようにショッキングな出来事が。

まぁ、そんなに甘くないですね。天国から地獄。
2008/04/23 Wed 16:43:01
URL | 麦島オーナー☆天国から地獄 #22hNL7Yc[ 編集 ]
皐月賞制覇おめでとうございますv-308
2年連続の皐月賞制覇はお見事としか言いようがないです。
しかし、あんなに簡単に逃がしてもらえるなんて、他の騎手は何やってんだ?って気もしなくはないですが…。

キャプテントゥーレはNHKマイルCに出てきたら、ファリダットの強敵となると思っていただけに、ダービーに向かってくれるのはありがたいですv-218

もうどうやっても他のオーナーは逆転できないくらいの差がついたと思います。
今から2万ポイントを逆転するのは奇跡でも起こらない限り無理です。
優勝おめでとうございますv-64
2008/04/22 Tue 08:00:52
URL | にしたまいしかわくん #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/632-2b8b6638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。