06 «  2017 / 07  » 08  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

西多摩愛馬会in福島競馬場(4):ダノンマスターズ 

 2007/07/04 Wed  E d i t
 迫力あるレースをライブ観戦した一行は、ダノンマスターズが登場するパドックに向かいます・・・

 パドックに向かった西多摩愛馬会一行。目的は山本オーナーの【ドラ1】ダノンマスターズを見るため。

 パドックに向かうと、まだ出走する馬たちは出て来ていない段階。

 パドックのボードには5Rの出走予定馬の情報が既に表示されている。ダノンマスターズは単勝1.5倍の圧倒的1番人気。2番人気のショウナンアルバが続き、その他の馬は大きく離された単勝オッズとなっていた。
西多摩愛馬会in福島「ダノンマスターズ@パドック」

 パドックに到着し、場所を確保する一行。しかし、ココで異様なモノが一行を苦しめるコトに・・・

 それは・・・

 「ボロの臭い」。いやっ、「ボロ臭」と言ってしまおう。

 福島競馬場のパドックは“屋内”にあるようなイメージ。しかし、構造上、換気が出来ていない。窓はないし、空気が篭り、臭いも篭る。。。

 パドックに入った瞬間から臭いは充満。次第に一行は体調を崩し出す。。。最初に体調不良を訴えた山本オーナー。それに続き、麦島オーナー、石川オーナーも気分が悪くなる。。。

 しかし、そんな中、出走予定馬たちがパドックに現れ出す。ダノンマスターズも登場。この頃には注目のレースと言う事もあってか、パドックは多くの人で賑わい出す。

 いよいよ「2億円馬」のダノンマスターズが登場! 最初は落ち着いていたものの、、、

 周回を重ねるごとに、、、

 暴れる→鳴く→馬っ気→バカつく。。。
西多摩愛馬会in福島「ダノンマスターズ@パドック」

 と、やりたい放題。特にダノンマスターズが暴れ出した事によって他馬も暴れ出す。鳴き出した事によって他馬も鳴き、馬っ気も他馬に伝染。。。前を周回するタケショウオージも馬っ気を出す。

 更には顔を横にブルブル振り出し、バカつく始末。。。その異様な光景に西多摩愛馬会一行も苦笑。パドックからもダノンマスターズが周回するごとにざわめきが起こっていました。

 「止まぁれぇぇぇぇ」の合図が掛かり、後藤騎手が騎乗してもダノンマスターズの馬っ気もバカつきも相変わらず…。指名している山本オーナーはガックリ。その後、一行は返し馬が行われる馬場に向かいます。
西多摩愛馬会in福島「ダノンマスターズ@パドック」


 馬場に向かうと、出走各馬が登場。ダノンマスターズは、やや落ち着いた雰囲気で返し馬を行います。
西多摩愛馬会in福島「ダノンマスターズ@返し馬」


 ところで、この福島5Rの新馬戦で西多摩愛馬会一行の目を惹いたのが【ショウナンアルバ】。

 パドックではダノンマスターズほかの馬たちが幼さを見せる中、落ち着いた雰囲気で周回。パドックの外外を大きく周っていました。気性が荒いとされるウォーエンブレム産駒ながら、1頭だけオーラを見せるような素晴らしい馬体で、大人びた雰囲気を見せていました。

 サンデーサイレンス産駒にもよく見られたような血走ったような目を見せていましたが、それも内に秘めた闘争心の表れか。パドックでのショウナンアルバを見た麦島オーナー(ショウナンアルバは指名候補の補欠1番手)は「指名すれば良かったぁ!!!!」と後悔する始末。石川オーナーも馬券を買い足しに行くほど、目を惹き付ける素晴らしい馬でした。
西多摩愛馬会in福島「ショウナンアルバ@パドック」


 返し馬を終え、いよいよレースが迫ります。福島芝1800メートルはスタンドの目の前がスタート地点。一行はスタート後100mほどの位置から観戦します。

 いよいよスタート! ダノンマスターズは無難なスタートから好位でレースを進めます。ショウナンアルバは少し出負けしたような格好から大外に押し上げて好位へ。

 4コーナーを迎えた辺りで、内内にいたダノンマスターズの手応えが怪しくなります。ショウナンアルバは抜群の手応えで直線へ。ダノンマスターズは後藤騎手が追うも伸びず、ショウナンアルバが抜け出し、独走か!と思った瞬間(写真も)・・・
西多摩愛馬会in福島「ショウナンアルバ独走か・・・」


 後方にいたタケショウオージが外からスゴい勢いで突っ込んで差し切り勝ち。「ポカーン」とする一行。山本オーナーは“ドラ1”のダノンマスターズの惨敗に、麦島オーナーと石川オーナーは圧勝パターンだったショウナンアルバの敗戦に驚きを隠せない様子。「勝った馬、ダノンの横で釣られて馬っ気出してた馬じゃん」・・・その事実に更にガックリ。。。

 再び不穏な空気となった一行。福島競馬ツアーは、最悪に近い形で前半戦の折り返しを迎えたのでした。

 【その5】へ続く。。。

<バックナンバー>
【その1】
【その2】
【その3】
【その4】
【その5】

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/513-56d6bbc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。