07 «  2017 / 08  » 09  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

07-08POG:麦島オーナーの指名理由 

 2007/06/13 Wed  E d i t
 今シーズンの目標は「優勝」と「日本ダービー制覇」。目標に向かって突き進め
 いやぁ、もうね、ひたすら疲れたドラフトでしたよ ドラフトについては「07-08POG:麦島オーナーのドラフト回顧」をご覧ください。

 出揃った21頭で目指すのは5シーズンぶりの優勝とダービー制覇です

 昨シーズンは、「戦力にならないmy血統」を大量に放出し、「アベレージヒッター」を多く獲得。その甲斐あって、皐月賞勝ちを達成し、勝ち上がり、2勝以上馬率も高く、なかなかのシーズンを送れたと思います もし、これで優勝できていたら・・・納得できるシーズンだったと思いますが、如何せん結果は2位。。。優勝できなければ意味がない

 昨シーズンの反省を生かし、優勝する為に今年は指名馬を選出していきました

 まずは、相性が良く、確実に計算できるアグネスタキオン産駒をラインナップの中心に。my血統で5頭も牡馬を固め、評判上々のダイワカンパニーの獲得に成功し、最後に牝馬のマイネベクルックスを据えました

 昨シーズン同様に、なるべく早めに動ける馬を補強したかったため、スパークキャンドル、マイネアルデュールをチョイス。早ければイイのではなく、当然プラスアルファを期待しての補強です

 牡馬としては「ダービー制覇」の夢を見据え、アインラクス、シャンパンファイト、フィッツロイを補強。my血統の牡馬陣も本当に期待が出来る血統が多いので、クラシック路線の指名馬は本当に充実したと思います

 今シーズンは本当に層が薄い牝馬。確実に2勝目が見込め、その先に繋がる結果を想像し、カイゼリンの獲得成功は非常に大きかったと思います。また、早期デビューのマイネベクルックスとマイネアルデュールも桜戦線に乗ってきて欲しい馬。my血統のドリームローズも戦力として期待大で、スカーレットとフィーユは意外性に期待です

 上位枠3位で指名したキングスエンブレムは『ムードメーカー』的存在。吉本興業に所属している小室哲哉のような他ジャンルで盛り上げてもらいたいものです(笑)

 昨シーズンは「2歳で全馬デビュー」を目標に掲げ、最終的には20頭が期間内にデビューしました。今シーズンも「全馬デビュー」の最速記録を狙ってはいるものの、不確定要素の高い馬(クリスタルウイング、ヤマニングリオット)を抱えているため、この馬たち次第でしょう

 今シーズンは「2勝以上馬」ではなく、「オープン馬」も最低5頭ぐらいは出したい。これがポイントの底上げに絶対に繋がります! (※500万勝ちは自分の中で「オープン馬」と呼びません。ダービー時でも1000万下の「条件馬」としてカテゴリー分けされてますからね)

 各オーナーに対してもライバル意識など全くありませんし、まずは己との戦いのみ! 「面白みのない指名」なんて言われましたが、知ったこっちゃない

 ドラフトで逃した馬たちについては特にもうコメントはないですし、自分はこの21頭で1年間を戦い抜くのみ! 牡馬陣は本当に期待できると思いますので、久々の優勝を達成したいですね

 開幕週に出走する2頭(マイネアルデュール、マイネベクルックス)でロケットスタートを切って、徐々に加速して行きましょう!

 昨シーズンの指名馬たちが「最強軍団」と言えるほど自信がありましたが、今シーズンはそこまで強気には行けません。しかし、その分、活躍した際の喜びは大きいハズ。1頭も欠けてはいけない「戦力」たちなので、今シーズンも引き続き『総力戦』で勝負です! そして、最後は笑顔でシーズンを振り返りたいですね


 それでは、麦島軍団21頭の指名理由をご覧ください


【1位:ダイワカンパニー(父アグネスタキオン、母ヒットザスポット)】
 ファリダットを逃し、繰り上がりで1位指名。この馬を1位に置いたコトで、最悪なドラフトは回避するコトができた。この馬自身は優駿で紹介された時からリスト入り、指名確実にしていた存在。ドラフト1位らしい指名だと思えないが、夏デビューも見込め、確実に走ってきそう。“どうしても欲しい馬”だったために、指名できたコトには大満足しています。関係者のコメント通りならクラシックに乗ってくるハズ。本番と言うより、前哨戦で確実に稼ぐタイプだと思います。<目標:共同通信杯>


【2位:スパークキャンドル(父A.P. Indy、母Serena's Song)】
 「ファリダット、ダイワカンパニー、スパークキャンドルの中から2頭指名できれば…」とドラフト前は思っていただけに、何とか格好は付けられた。“自分らしくない指名”と言われたが、その通りかもしれない。しかし、育成のノーザンFでは『バケモノ』との評価。芝適性には未だに少々不安があるが、評判を聞く限り、大丈夫そう。海外GIを視野に入れているらしいですが、別に行ってもらって結構です。日本で活躍するコトが大前提ですからね。<目標:札幌2歳S>


【3位:キングスエンブレム(父ウォーエンブレム、母スカーレットレディ)】
 ドラフト前は全く指名する気がなかっただけに、急浮上でメンバー入り。クラシックを狙う「POG」では、全くカテゴリーが違いそうだが、大物という点では間違いなさそう。母の繁殖としてのポテンシャルは今さら説明が要らないでしょう。芝適性があるとは思ってませんが、ダートで2勝は見込めるでしょう。育成は非常に順調。気性が荒いみたいですが、それも父譲りか。今シーズンの西多摩愛馬会では、ウォーエンブレム産駒はこの馬のみなので、頑張って欲しいですね。あっ、小柄なので、やっぱり芝もこなして欲しいな(笑)。<目標:端午S>


【上位優先:アドマイヤテンカ(父アグネスタキオン、母ビワハイジ)】
 「世間の1番人気馬」が、ほぼ自動的に指名できるなんて、何て素晴らしいんでしょう!! アドマイヤオーラの全弟。ジャパン、オーラと連続で重賞勝ちを収めたため、3兄弟連続は常識からしては厳しいですが、兄以上の評価を受けていたこの馬ならやってくれそう! 馬名は好みじゃないんですが、まぁ、走ってくれば気にしないかなぁ。母の繁殖としてのポテンシャルは素晴らしいですし、セレクトセールの高馬。ココまで順調らしいので、兄が獲れなかったGIのタイトルを獲って欲しい! <目標:皐月賞>


【上位優先:キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン、母エアトゥーレ)】
 姉のアルティマトゥーレを指名した際に、この馬のコトは全く頭にありませんでした。単純に戦力として指名した姉から、恩恵を頂いた形でしょう。この馬に関しては、1歳時から評判馬だったらしく、育成も順調で、いきなり3回阪神でのデビューが決定! 森厩舎はノーザンより社台寄りの厩舎ですし、大きく期待が持てそう。ダービー向きのタイプだとは思いませんが、マイル~中距離なら、かなりの活躍が見込めそうですね。<目標:シンザン記念>


【6位:アインラクス(父ダンスインザダーク、母スターズインハーアイズ)】
 意地の抽選勝ちで獲得した馬。実は、前からどうしても欲しかった馬です。05年産で一大勢力を築くウインドインハーヘア一族ですが、単純に戦力として考えるなら、この馬を1番評価しています。1歳上のモンジュー産駒の姉(デビューできず)から狙っていただけに、本当に指名できてホッとしました。「ダンス×ウッドマン」と強調しづらい配合ですが、何かフィットする予感がする。ノースヒルズ×セレクトセール×池江寿師と言えば、ダイアモンドヘッドと同じ。この馬にはダービー路線での活躍を期待しています。<目標:ダービー>


【7位:カイゼリン(父アドマイヤベガ、母ブロードアピール)】
 ダービー狙いの牡馬に重きを置いた今シーズンの指名馬なだけに、牝馬で戦力になりそうなこの馬には本当に期待しています。1番の指名理由は、セレクトセールで高値で取引された半妹(父キングカメハメハ)の存在なのですが、この馬自身も相当に能力は高そう。キャロットでは募集時から、世代ナンバーワン牝馬の評価をされていた馬だし、変わらず高い評価のまま順調に来た。キャロット初のマツクニ師というのにも期待の大きさが感じられます。母はダートのイメージが強いですが、芝でも重賞勝ち&GI入着の成績があります。狙うは当然、桜でしょう! <目標:桜花賞>


【8位:シャンパンファイト(父シンボリクリスエス、母エターナルビート)】
 今シーズンの『隠し玉』です。母の現役時代を見ている身としては、何とも言えない期待を寄せたくなる血統ですね。短距離でバリバリのスピードを見せていた母に、父はクリスエス。配合も何かマッチしそうな予感がします♪ 初仔のマルカジークから注目していた血統なだけに、指名できて嬉しさを感じます。大所帯の角居厩舎ですが、既に入厩している所から見ても、不安は全くない。この馬の指名理由?・・・まぁ、直感に近いですけどね(笑)。本当に期待は大きいです。<目標:ダービー>


【9位:フィッツロイ(父アドマイヤベガ、母アンデスレディー)】
 完全に「鈴木血統」。まさか、この馬を指名するようになるとは、考えたコトもなかった。「優先会議」の日に鈴木オーナーが放出を決定。各オーナーにリサーチをかけて、見事に獲得に成功しました。いやぁ、前から「この血統イイなぁ」って、ずっと思ってたんですよ。母のポテンシャルの高さは説明は要らないでしょう。netkeibaの繁殖成績でも見てください。“二塁打”をイメージするなら、今シーズンの指名馬の中では1番シックリ来るかも。大コケはないでしょうし、今からデビューが本当に楽しみ♪ 愛着をどんどん持って行きたいですね。<目標:京都新聞杯>


【10位:マイネアルデュール(父アドマイヤコジーン、母コスモハーティネス)】
 昨シーズン優勝を逃した「900P」の差は2歳戦での差が大きかった。即戦力を指名し、開幕週からバシバシ動いた藤本オーナーに最後まで追いつけませんでした。そのため、今シーズンは即戦力を意識! 完全な「即戦力」として獲得したのは今までPOGをやっていて、この馬が最初。松岡騎手がゾッコンで、アイルランド行きを遅らせたほどの逸材。デビューは福島初日。もう、ココからエンジン全開で行きたいですね! 距離にも限界があると思いますが、稼げるうちに稼いでおきたい!! <目標:マリーゴールド賞>


【11位:ノットアローン(父アグネスタキオン、母ソニンク)】
 愛馬ヴァイスハイト指名の“ご褒美”で指名できた形。モンローブロンド、ルミナスポイント、ヴァイスハイトを見ても、この血統は素晴らしいスピードを持ち合わせていて、確実に産駒に伝えていると思います。今回はモンロー以来の金子馬。更にソニンク産駒初の牡馬というコトで期待は大きいです。厩舎を知った時に本当に喜びましたし、早期デビューも見込める。何より、今シーズン唯一の「母父マキャ」。本当にあらゆる面で自分好みの馬です。距離はマイルがギリギリだと思いますが、持ち前のスピードで華麗な走りを披露して欲しいですね。<目標:デイリー杯2歳S>


【12位:ラヴォランテ(父シンボリクリスエス、母ワーキングガール)】
 クラフトミラージュの雪辱を果たしたい! この馬は当歳時から「母の最高傑作」と言われていた(ミラージュもそうだったっけ…)。そこから順調に成長してきた。ミラージュは故障もあって1勝止まりだったが、間違いなく素質は高かった。この馬は父がクリスエスに代わり、ミラージュ以上にクラシック路線に適性がありそう。馬体は小柄だが、その分キレ味がありそう。「クラフト」が外れ、馬名からも期待が伺える。これは、ひょっとするかも!! <目標:青葉賞>


【13位(下位優先):マンボパートナー(父Kingmambo、母Dance Partner)】
 ギーニョ、ヴィクトリーに続き、3代目エースに指名! この馬、どう考えてもアベレージヒッターのタイプじゃない…。三振か、場外ホームランか・・・冷静に考えたら三振の確率の方がずっと高いと思う。しかし、ずっと指名してきた母の仔だし、今年の2歳馬の中でも良血レベルでは相当上位なのは間違いない! 社台RHで1億5000万円の最高価格馬。厩舎もイイし、本当に魅力はたっぷり。順調さを欠いているけど、そろそろ軌道に乗りそう。空振り三振を恐れずに、大ホームランをかまして欲しいですね!! <目標:ダービー>


【14位(下位優先):フォーマルモード(父アグネスタキオン、母クイーンモード)】
 クイーンモードの産駒は初仔でマル外のシーキングマイラブから連続で指名して、ついに5番仔になります。初仔から連続ですので、愛着も本当に深いし、まさしく“麦島血統”と言えるのではないでしょうか。そして、昨シーズンではフレンチ産駒のハイソサエティーが活躍を見せ、この血統のポテンシャルを示しました。本馬もセレクトセールの高馬で、当歳時から指名を楽しみにしていた馬。橋口厩舎に入りますし、臼田さんも本当に期待しているでしょう。当然、クラシック狙ってます。<目標:皐月賞>


【15位(下位優先):ゴルディオス(父アグネスタキオン、母レッドチリペッパー)】
 初仔のホワイトペッパーから連続指名しているレッチリっ仔。05年産で遂に待望の牡馬が誕生しました! ホワイトペッパーとバーニングレッドの2頭は脚元が弱かったりして活躍できませんでしたが、全姉のパッションレッドが素質を見せてくれました(バーニングレッドは無事なら…と未だに思ってますが)。ゴルディオス自身は530キロぐらいある大型馬ですが、ココまで本当に順調で、札幌デビューを視野に入れています。脚元が心配な血統ではありますが、評判も上々なので、レッチリっ仔として初の“当たり”を掴めそう。中距離まで持てば、楽しみは大きいです。<目標:皐月賞>


【16位(下位優先):クリスタルウイング(父アドマイヤベガ、母フェアリードール)】
 セレクトセールで購買された時点で「藤沢師の管理が決定」との報道。いやぁ、イヤだったんですよ、正直ね。馬房待ちもそうだし、関東馬っぽくない血統なので…。それにしても、この馬は情報が少ないですね。どのぐらい乗り込んでいるのかも全く不明。いちおー入厩は秋らしいですが、それも信用するコトはできないですし…。ただ、この血統のポテンシャルは今さら説明が要らないでしょう。血統の力で、何とかならないかなぁ。今は不安の方が大きいんですよねぇ。<目標:青葉賞>


【17位(下位優先):ドリームローズ(父サクラバクシンオー、母ビスクドール)】
 今年の自分の候補馬には指名確定級のサクラバクシンオー牝馬が3頭いました。しかし、結局はこの馬1頭のみの指名に。うーん、バクシンオーって手を出しづらいんですよね…。姉のレースドールは外傷の影響さえなければ、オークストライアルで活躍できたと未だに思っています。評判抜群の姉でしたが、この馬の評判もなかなかのモノ。バクシンオー産駒ながらマイルもこなせそうですし、自分の指名馬の牝馬では本気でクラシックを狙えそうな馬が少ないので、この馬には期待しています。クズを出さない血統ですから、堅実な活躍が見込めますね。<目標:フィリーズレビュー>


【18位(下位優先):フィーユ(父ダンスインザダーク、母ファレノプシス)】
 またまたファレノっ仔です! もう、毎年恒例の“懲りない指名”と言われそうですね(笑)。ただ、今年の仔は何かが違う! 管理も森厩舎に変わって、流れも良くなりそう。更に、馬体はいつも通り小柄なものの、フィーユは「飼い食いがイイ」らしい。更に更に、意外と早めからデビュー出来そうなぐらい順調! もう、挙げられる限りの強調点を述べました(笑)。たとえ、この仔がダメでも、ファレノっ仔は一生追いかけるので、問題なし! 早く牡馬が生まれないかな。。。<目標:2勝>


【19位(下位優先):スカーレット(父シンボリクリスエス、母グレースアドマイヤ)】
 昨シーズンの“エース”であるヴィクトリーの半妹。グレースアドマイヤの産駒は初仔のリンカーンから全て指名し、スカーレットは6番仔。グレースアドマイヤには本当に頭が下がります。しかし、この馬はナゼか古賀慎厩舎! ナゼだ、ナゼだ、ナゼだ…本当に厩舎を知った時は驚きました。情報が少ないため、あまり分からないのですが、年内にギリギリ出て来れれば…。意外と牝馬との相性も悪くない血統ですし、出てくれば、それなりに楽しめる。しかし、音無さんじゃないと慣れないなぁ…。<目標:2勝>


【20位:マイネベクルックス(父アグネスタキオン、母マイネミモーゼ)】
 今シーズンは、明らかに「牝馬軽視」のスタンス。実際にも7頭しか指名していません。ドラフトでアドマイヤサクラを逃した影響で、本当に最後の最後まで悩んだラスト1頭。上位優先枠で拡大したコトから、アグネスタキオン産駒の『マイネベちゃん』を指名しました。函館開幕週でデビュー、調教も抜群にイイですし、初戦から勝ち負けできそう。以前から毎週、ラフィアンの公式HPや会員さんのHPで近況を確認してきた馬ですし、“運命の指名”というコトで期待しています。馬体も小柄ですし、キレ味がある馬になりそうです。<目標:クイーンC>


【特別枠:ヤマニングリオット(父ヤマニンセラフィム、母ヤマニンプラシード)】
 今シーズンの特別枠はヤマニンセラフィム産駒の指名を早くから決めていました。ナイスベンゲルと共に、自分の指名馬初の種牡馬入りですし、西多摩愛馬会でも初の種牡馬誕生! 記念すべき出来事となりました。セラフィム産駒の中でも、この馬は父と同じ栗毛。さらに母父サクラユタカオーなので「SS直仔種牡馬×母父ユタカオー」というロジックで成功したパターンを引き継いでいます(笑)。厩舎も分からないですが、何とかデビューして欲しい。戦力度外視で、単純にロマンを追い掛ける指名。1勝して欲しいなぁ。<目標:勝ち上がり>

コメント

この記事へのコメント
>西多摩・石川オーナー
どうもですv-222

指名理由とかって書き過ぎちゃうんですよね。。。
書き出したら止まらないと言うか…(笑)

タキオン産駒は見事にガメましたv-422
コレで活躍できなかったら相当厳しいなぁv-356v-356

石川オーナーも魅力的な馬が多いし、リズムが噛み合えば当然優勝狙えると思いますよv-352
2007/06/18 Mon 09:02:59
URL | 麦島オーナー@スタート失敗 #22hNL7Yc[ 編集 ]
どうもです。
今年の指名理由も気合いはいってますねv-218

麦島オーナーのタキオン牡馬は史上最強だと思います。
アグネスタキオン産駒の牡馬が豪華なのはホントにうらやましい!!
実際、自分もタキオンの牡馬をたくさん指名したかったんですが、
セレクトSの上位のタキオン産駒はほとんど売り切れ状態・・・。

ダイワカンパニー、アドマイヤテンカ、フォーマルモード、ノットアローンは自分もほしいくらいの馬たちです。

う~ん、今年は麦島オーナーに勝つのは厳しそうだなぁ~v-393v-356
2007/06/16 Sat 09:01:51
URL | 西多摩・石川 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/500-fb362b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。