07 «  2017 / 08  » 09  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

石川オーナーのひとりごと(1):函館2歳S 

 2005/08/05 Fri  E d i t
 こんばんは。西多摩愛馬会の石川オーナーです。『M』のつぶやきに対抗して、今回から連載を開始します。よろしくお願いします。

 2歳馬にとって初の重賞競走である函館2歳S。この先、ダービーまでの長い道のりを考えればPOGの順位にはあまり影響のないレース、またPO馬の出走も少ないことからみなさん興味のあまりないレースかもしれませんが、POGにおいて即戦力を重視している自分にとっては重要かつ相性の良いレースでもあります。
 実際、自分のPO馬の函館2歳S結果とPOG順位を比較してみると、
函館2歳S結果   POG順位
2000 出走馬なし   3位
2001 スターエルドラード 2着   優勝
2002 出走馬なし   2位
2003 フィーユドゥレーヴ 1着   優勝
2004 ディープサマー 2着   優勝

 函館2歳Sで連対した年はPOGで優勝していることがわかる。また過去3頭のPO馬が出走して(1-2-0-0)と相性も良い。

 そんな函館2歳Sに今年は2頭のPO馬が出走します。アドマイヤカリブとチアズガディスです。アドマイヤカリブは新馬で2歳馬離れした勝ちっぷりと今回鞍上に武豊を迎えるとあって圧倒的1番人気となるでしょう。直前の調教もラスト11秒台のキレで古馬1000万下のライブインザムーンに先着しました。状態は万全のよう。

 また、チアズガディスもデビュー戦の内容は素晴らしいものがあります。アドマイヤカリブにはおよびませんが、おそらく2、3番人気となるでしょう。こちらも追い切りではラスト11秒台を出し、状態面に不安はない。

 函館2歳を2頭のうちのどちらかでも勝つようなら、今年のPOGも石川の優勝で決定かもしれない!?

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/43-700c7fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。