09 «  2017 / 10  » 11  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

POGワンダラー(56):リンカーンを忘れない 

 2006/12/22 Fri  E d i t
 今週は「有馬記念」。いよいよ今年の中央競馬もラストウィークとなりますね。
 世間では「ディープインパクトの引退レース」で盛り上がってますね。自分としても大注目です☆

 「傷を付けない形で引退させてあげたい」と思いますが、果たしてどうなるんでしょうか。ちなみに、普段書かない馬券ですが、ディープを軸の3連単でメイショウサムソン、コスモバルク、アドマイヤメインを厚めに買う感じで考えてます。


 そうそう、今回の本題は有馬記念ではないんですよ。

 皆さん! 引退からしばらく経ちますが、リンカーンの存在を忘れてないですよね? 今回は「リンカーン引退特集」で行きます。

 ナゼ今頃?と思うでしょうが、ずっとこの話題は封印して温めて来ました。このコラムを読んでもらって数人でも「リンカーンがいない有馬記念」を考えてもらえたらなと思います。


 今、振り返ろうリンカーン

 リンカーン。父サンデーサイレンス、母グレースアドマイヤ。母の初仔として02年にデビュー、今年の宝塚記念まで23戦。本当によく頑張ってくれました。

 自分の今までで指名したPOG馬の中で1番強かったかもしれない。最後までGIに手が届かなかったけど、素晴らしい馬でした。派手さはないけど「強い」リンカーンに、自分は本当に魅了されました。

 リンカーンについては思い入れは充分すぎるほどあるけど、バリバリの「指名馬」て感じはナゼかしないんですよね。こんなに活躍してくれたのに、リンカーンには今までにない感じの『接し方』をしていたと思います。本当に不思議な感情を抱いている馬です。

 最初は当然、POG指名馬の1頭でしたが、途中から“リンカーン”という1頭の馬を単純に熱烈に応援していたような感じです。サイレントディール、スターキングマン、スウィフトカレントなんて今でも心配しすぎるほど「過保護」なんですけどね。


 リンカーン指名の裏話としては、当時のPOGでは山本オーナーが毎シーズン「母バレークイーン」を指名していたコトに繋がります。コレに対抗?するために「バレークイーンの仔」グレースアドマイヤの初仔獲得に動いたんです! それがリンカーンだったんですねー。

 当初は森厩舎所属としてデビューしたリンカーン。デビューから2戦続けて2着だったコトなどから、音無厩舎へ。今となっては音無厩舎に転厩して本当に良かったと思います。いやっ、別に森サンが悪い訳じゃないですけど。

 未勝利勝ちから若駒S、すみれSと一気に3連勝。いよいよ、クラシック路線に浮上してきたリンカーン。すみれSの後は皐月賞をパスして青葉賞に向かうコトが発表されました。武豊騎手もかなりリンカーンに手応えを掴んでいたようで、自分も「青葉賞は貰ったー!」と気合いが入ってました。

 そんな矢先、「喉頭蓋エントラップメント」という奇病の発症が判明。青葉賞回避どころか、ダービー出走も無理だと思われましたが、最終的にゴーサイン。しかし、ダービーでは3連勝時の姿は想像できないような惨敗。本調子でなかったコトもありますが、最後方から進めたレースぶりも見せ場はありませんでした…。自分としては、このダービーでは4番人気のサイレントディールよりリンカーンに期待していたんですよね。

 秋初戦は神戸新聞杯。不利もあって4着に敗れましたが、距離延長の菊花賞には相当の自信を持ってました。その菊花賞は勝ったザッツザプレンティから4分の3馬身差の2着に。結果論ですが、4コーナーでポジションを下げたのが痛かったなぁ…。今思っても、リンカーンに1番GI制覇のチャンスだったレースに思います。

 馬券は◎リンカーン、○ザッツザプレンティだったので当たりましたが、「クラシック勝利」という偉業を確信していただけに、ショックは大きかったですね。。。


 次の選択肢は有馬記念に。横山典騎手がツルマルボーイの主戦だった為に武豊騎手とすみれS以来のコンビ復活。レースはシンボリクリスエスの9馬身差圧勝でしたが、ロングスパートの好騎乗を見せて2着。来年に向けて期待が持てる内容でした。レース前の会見で武豊騎手が「重賞も未勝利の馬なのに会見なんか…」と言っていたのは今でも覚えています。

 そして、飛躍となる古馬に話が続きますが、長くなるので続編は将来にしましょう(笑)


 最終的にGIは勝てなかったものの、2着3回・2着2回とGIに欠かせない「脇役」としても本当によく頑張ってくれたと思います。稼いだ賞金も6億円近く。記録には残りませんでしたが、自分の「記憶」にはずっと焼き付いて行く忘れられない馬でした。


 本当に残念なのは故障で引退し、今年の秋を棒に振ってしまった事。やっぱり、GIにリンカーンの名前がないのは寂しいよ。。。本当に“常連さん”だったもんな。。。

 来年からのスタッドインになりますが、ディープインパクトやハーツクライといった現役時代のライバルたちと「同期」になることになります。特にハーツクライとは同じ「父サンデーサイレンス、母父トニービン」。リンカーンよ、絶対にハーツには負けるな! ディープにも負けるなよ! お前だって相当のポテンシャルを持ってたんだからね!!

 自分の指名馬としてはヤマニンセラフィム、ナイスベンゲル、スズカマンボに続いて4頭目の種牡馬入り。そうかぁー、スズマンとも同期になるんだね!

 種付け料もかなり抑え目(100万円)だから、申し込みは殺到するでしょう。社台系のバックアップはディープやハーツに集中しそうですので、日高の皆さんから活躍馬を出してもらいたい! 自分もクラブに産駒が出てきたら、一口買いたいですね。

 本当にお疲れ様でした、リンカーン! 絶対に北海道に会いに行きます!!


 今週は弟のヴィクトリーがラジオNIKKEI杯に出走します。兄が叶わなかったGI制覇を本当に期待しています。リンカーン不在の有馬記念にはスウィフトカレントが出走します。走って走って秋GI3戦目。本当に頑張ってるよなぁー! ディープは強いけど、一泡吹かせて欲しいですね。

タグ : リンカーン

コメント

この記事へのコメント
>>西多摩・石川オーナー
本当にリンカーンはスケールの大きい馬でした!
そして、母のグレースアドマイヤのポテンシャルも素晴らしかったですv-321

ディープ君はエアグルーヴとの種付けも決定するなど、いきなりスゴそうですが、リンカーンも彼なりに頑張って欲しいと思いますv-424
2006/12/25 Mon 23:39:14
URL | 麦島オーナー #22hNL7Yc[ 編集 ]
麦島オーナー、こんにちはv-278

リンカーンはほんと良い馬でしたよね~。
母グレースアドマイヤも素晴らしい繁殖牝馬で、ナイス指名だったと思いますv-218

引退後はうちのディープと種牡馬としての同期生ですね。
産駒対決が楽しみですね!!
2006/12/23 Sat 12:17:26
URL | 西多摩・石川 #-[ 編集 ]
>>MB&Co.石川オーナー
リンカーンは絶対に忘れられない馬ですね。
素晴らしい馬でした。ホントに好きでしたね。
実は今回のコラム、絵文字を全く使ってないんですよ。
それほど真剣に書いてたのかなぁv-352v-352

本当にこのメンバーにリンカーンがいないのは正直寂しいです。。。
2006/12/22 Fri 23:07:18
URL | 麦島オーナー #22hNL7Yc[ 編集 ]
こんばんは。

いい文章ですね。
今までリンカーンのことはいろいろ聞いてきたけど、
こうやって改めて文章にして見ると愛情の強さを感じますねv-409
3歳時の有馬のマクリは印象的でしたv-354

ホント、リンカーンがいないGⅠ戦線は寂しいですね。。。
2006/12/22 Fri 22:57:50
URL | MB&Co.石川 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishitama.blog12.fc2.com/tb.php/409-f2af32bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/01/25(木) 05:07:00 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。