07 «  2017 / 08  » 09  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
POG☆西多摩愛馬会

スポンサーサイト 

 --/--/-- --  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

06-07回顧:藤本ホウオーがラジオNIKKEI杯を快勝!(12/23、24) 

 2006/12/25 Mon  E d i t
 ■先週の結果

 今年の中央競馬最後の開催週。西多摩愛馬会からは14頭が出走しました。

 土曜日に行われたGⅢのラジオNIKKEI杯2歳Sは、西多摩愛馬会のワンツーで決まりました。勝ったのは、藤本オーナー指名のフサイチホウオー。粘る2着の麦島オーナー指名のヴィクトリーをきっちり捕らえ、重賞連勝。クラシックの主役候補に躍り出ました。石川オーナーのアサクサキングスは5着、山本オーナーのローズプレステージは9着に敗れました。

 日曜日に行われたホープフルSは、石川オーナー指名のニュービギニングが快勝。後方から一気に突き抜けました。山本オーナー指名のクルサードは4着、鈴木オーナーのブラックオリーブは9着に敗れました。

 また、土日の阪神未勝利戦を山本オーナー指名の2頭が勝利。土曜日にはタガノグラマラスが勝ち、日曜日にはクラックコードが勝ちました。
スポンサーサイト

タグ : フサイチホウオ ヴィクトリー ニュービギニング タガノグラマラス クラックコード

06-07回顧:鈴木オーナー大活躍で2位浮上!(12/16、17) 

 2006/12/20 Wed  E d i t
 ■先週の結果

 先週は今シーズン最多の19頭が出走し、4勝を挙げました。

 土曜中京のオープン、中京2歳Sでは鈴木オーナー指名のダイワスカーレットが快勝。直線で楽に抜け出し、後続を寄せ付けない強さを見せました。同レースでは2着に麦島オーナー指名のアドマイヤオーラが入り、西多摩ワンツーを飾りました。

 土曜中山の新馬戦ではホットストックが2着に2馬身差をつけデビュー勝ち。日曜中山の牝馬限定重賞、フェアリーSではサンタフェソレイユが2着に入りました。先週の3頭の活躍で鈴木オーナーは4400Pを加算。4位から一気に2位へ順位を上げました。

 土曜阪神の新馬戦では麦島オーナー指名のアルティマトゥーレが初陣を勝利で飾りました。土曜中山の未勝利戦では山本オーナー指名のダイワディライトが8馬身差の圧勝で初勝利を飾りました。

 その他では、土曜阪神の未勝利戦で藤本オーナー指名のザレマが2着。日曜中山のひいらぎ賞で麦島オーナー指名のレースドールが3着。フェアリーSに出走した麦島オーナー指名のメジロアダーラは9着、藤本オーナー指名のクーヴェルチュールは10着に敗れました。

06-07回顧:朝日杯3頭出走も久々の未勝利週(12/09、10) 

 2006/12/12 Tue  E d i t
 ■先週の結果

 先週は2歳牡馬のGI朝日杯FSが行われ、西多摩愛馬会からは3頭が出走。藤本オーナー指名の1番人気オースミダイドウは逃げ粘るも3着、同オーナーのマイネルシーガルは6着、石川オーナー指名のフライングアップルは中団から追い込むも4着にそれぞれ敗れました。

 土曜阪神では山本オーナー指名のタガノグラマラスがデビューし、2着。エリカ賞に出走した鈴木オーナー1位指名のブラックオリーブは3着。日曜阪神では藤本オーナー2位指名のアドマイヤミリオンがデビューし、2着に敗れました。

 先週の西多摩愛馬会は9月23、24日以来の未勝利週となりました。

06-07回顧:鈴木オーナーが2勝の活躍(12/02、03) 

 2006/12/06 Wed  E d i t
 ■先週の結果

 先週は2歳牝馬GIの阪神JFが行われ、西多摩愛馬会からは麦島オーナー指名の2頭が出走。ハギノルチェーレは後方から追い込むも9着、メジロアダーラは先行しましたが18着にそれぞれ敗れました。

 土曜阪神では鈴木オーナーが活躍。未勝利戦に出走したスズカコーズウェイは中団から脚を伸ばし快勝。500万下の千両賞に出走したマザーズウィッシュは2番手から直線で抜け出し、2勝目を挙げました。

 日曜阪神の新馬戦では石川オーナー指名のニュービギニングが勝負根性を見せ勝利。ディープインパクトの半弟という良血馬が初戦を突破しました。

 日曜阪神のポインセチア賞に出走した石川オーナー指名のコンゴウダイオーは2着。土曜阪神の未勝利戦に出走した石川オーナー指名のコンティネントは2着に、それぞれ敗れています。

06-07回顧:藤本エンブレムが圧勝(11/25、26) 

 2006/11/27 Mon  E d i t
 ■先週の結果

 日曜日東京の未勝利戦で藤本オーナー3位指名のクランエンブレムが早め先頭から押し切って、2着馬に8馬身差を付ける圧勝。単勝1.0倍の圧倒的人気に応え、2戦目で勝ち上がり。なお、この勝利によってウォーエンブレム産駒はJRA初勝利を挙げました。

 土曜京都のオープン、京都2歳Sでは山本オーナー指名のローズプレステージが1番人気で2着。土曜東京の新馬戦では山本オーナー指名のダイワディライトが1番人気でデビューしましたが、2着に敗れました。

06-07回顧:ホウオー重賞V!藤本早くも2万P(11/18、19) 

 2006/11/20 Mon  E d i t
 ■先週の結果

 土曜東京で行われた東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)を藤本オーナー指名のフサイチホウオーが1番人気に応えて快勝。初戦と違い、先行集団につける積極的な競馬でレースを進め、残り1ハロンから更に伸びて1着でゴール。新馬戦に続き2戦目で重賞制覇を飾りました。

 これで藤本オーナーはオースミダイドウに続く今シーズン2頭目の重賞勝ち。そして、史上初となる2歳戦での2万ポイント超えを達成しました。同レースでは2着に石川オーナー指名のフライングアップルが入り、今シーズン初の重賞ワンツーも達成しました。

 土曜京都の新馬戦では石川オーナー指名のダノンフローラが勝利。直線で外から一気に伸びて見事にデビュー戦を飾りました。日曜京都の新馬戦では兄にダイワメジャーを持つ鈴木オーナー指名のダイワスカーレットが完勝。好位から楽に進出し、単勝1番人気に応え初戦を突破しました。

 土曜京都のもちの木賞に出走した石川オーナー指名のコンゴウダイオーは2着。日曜京都の未勝利戦に出走した山本オーナー指名のエイシンイチリンは3着。同500万戦に出走した藤本オーナー指名のビンチェロは4着に敗れました。

06-07回顧:鈴木1位指名オリーブが好発進!(11/11、12) 

 2006/11/13 Mon  E d i t
 ■先週の結果

 先週も先々週に引き続き、多頭数が出走しました。

 土曜京都の新馬戦で鈴木オーナー1位指名のブラックオリーブと麦島オーナー指名のドーントレダーが激突。ブラックオリーブが2番手から上がり34秒4の末脚でドーントレダーを1馬身半抑えて勝利。見事にデビュー戦を飾りました。

 日曜は麦島オーナーの指名馬が活躍。京都の未勝利戦でレースドールが道中最後方から追い込み2戦目で初勝利。東京の新馬戦ではハイソサエティーがゴール前で2着馬を差し返し、デビュー勝ちとなりました。
 土曜日京都の未勝利戦では山本オーナー指名のクルサードと石川オーナー指名のコンティネントが対決。クルサードが半馬身差でコンティネントを交わし勝利しました。

 日曜東京の赤松賞に出走した鈴木オーナー指名のサンタフェソレイユは4着。黄菊賞に出走した麦島オーナー指名のエイシンイチモンジは4着に敗れました。

06-07回顧:藤本クーヴェルがオープン勝ち(11/04、05) 

 2006/11/05 Sun  E d i t
 ■先週の結果

 先週は今シーズン最多の16頭が出走し、歴代タイ記録となる5勝の固め打ちを見せました。

 日曜福島のオープン、福島2歳Sで藤本オーナー指名のクーヴェルチュールが勝利。好位からレースを進め、最後は2着のアルシラートをハナ差抑えて1番人気に応えました。これで藤本オーナーは早くも3頭目のオープン勝ちを達成。

 土曜東京の百日草特別(500万下)で石川オーナー指名のアサクサキングスが快勝。再度の東京遠征で見事にデビュー2連勝を飾りました。土曜京都の未勝利戦では山本オーナー指名のローズプレステージが勝ち、デビュー2戦目で初勝利を挙げました。

 麦島オーナー指名の2頭が新馬戦を勝利。土曜京都の芝1600メートル戦に出走したアドマイヤオーラは2番手から抜け出し初陣を飾りました。日曜京都の芝2000メートル戦に出走したヴィクトリーはスタートからハナを奪うと後続を引き離し5馬身差の圧勝となりました。

 牝馬重賞のファンタジーSに出走した麦島オーナー指名のハギノルチェーレは4着。土曜京都の500万下に出走した石川オーナー指名のコンゴウダイオーは2着でした。

06-07回顧:フライングアップル500万特別を快勝!(10/28、29) 

 2006/10/31 Tue  E d i t
 ■先週の結果

 日曜福島のきんもくせい特別で、石川オーナー指名のフライングアップルが1番人気に応え快勝、2勝目を挙げました。土曜京都の未勝利戦では山本オーナー指名のフレジェールがこちらも1番人気に応えて勝利。デビュー2戦目で見事に初勝利を挙げています。同レースに出走した、同オーナー指名のエイシンイチリンは6着。

 日曜東京の新馬戦では鈴木オーナー指名のキングリーウィークが2着。話題の「4億9000万円馬」山本オーナー指名のザサンデーフサイチは3着。また、同3Rの新馬戦に出走した藤本オーナー指名のクランエンブレム、日曜京都の新馬戦に出走した麦島オーナー指名のレースドールはともに2着に敗れました。

06-07回顧:藤本シーガルがデビュー2連勝(10/21、22) 

 2006/10/24 Tue  E d i t
 ■先週の結果

 土曜東京のオープン・いちょうSで藤本オーナー指名のマイネルシーガルが快勝。道中では致命的な不利を受けながらも直線で鋭く伸び、一気に差し切り勝ち。デビュー2連勝を決めました。麦島オーナー指名のエイシンイチモンジは2着。

 土曜東京の新馬戦では石川オーナー指名のヴェルトマイスターが逃げ切り勝ち。山本オーナー指名のクルサード(2着)との直接対決を制しました。土曜京都の新馬戦では藤本オーナー指名のビンチェロが先団からレースを進め、2着に2馬身半差をつける完勝を飾りました。藤本オーナーはここ12戦で8勝と絶好調モードに突入しています。

 日曜京都では、新馬戦に出走した石川オーナー指名の2頭はコンティネントが2着、ゴーストライターが8着。かえで賞に出走した石川オーナー指名のコンゴウダイオーは7着、鈴木オーナー指名のゴールデンミションは11着に敗れました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。